疲労回復

オルニチンが摂れる食品

オルニチンの1日の摂取量目安は400~1000mgと言われていて、一番オルニチンを多く含むシジミでも10mg程度しかないので、オルニチンを食事から摂取することは難しいので、サプリメントが出回っています。
やはり、なかなか食事からとるのが難しいと言われていますが、毎日の食生活でもしっかりとることによって、肝臓の機能が回復したり、代謝量がアップしたりといいことずくめです。
今回はオルニチンを含んでいる食品についてご紹介していきます。

まず、多くオルニチンが含まれているのは多い順でしじみhttp://www.zorashop.jp/aorunitinn.html、えのき茸、マグロ、ヒラメ、チーズなどです。
100mgあたりだいたい10mg?15mgくらい含まれており、みそ汁やしじみの酒蒸しなどをつくるとうまく摂取できます。
特にみそ汁にすると必然的にオルニチンなどの重要な成分がしっかりだしとして出てくるのでオススメです。
そこにえのき茸を入れて、みそ汁をつくっていくといいです。
エノキとシジミが両方とれますので効果が抜群ですね。

次に、マグロやヒラメ等の魚介類です。
マグロは基本的にお刺身やお寿司で食べることが多いと思いますが、ネギトロ丼などにして食べるといいです。
お寿司などはスーパーで買って食べたりすると高いかもしれませんが、回転寿しなどで気軽に食べることができます。
また、ヒラメなどを焼いたりして食べてもいいです。

次に、チーズです。
チーズはいろいろな料理に入れることが出来ますし、今の時期ならばチーズ鍋やピザ等からしっかり食べることができます。
また、お酒のおつまみとしてチーズを食べてもいいですね。
肝臓に負担がかかるアルコールはオルニチンと一緒にとると効果が倍増していきます。

注意点は、やはりチーズはカロリーも高いですし、ドリアやグラタンは脂もあるのであまり摂取し過ぎてしまうと、肥満になってしまう可能性もあります。
ぜひそのあたりをしっかり見極めて摂取していくといいでしょう。
ぜひ食生活も改善してオルニチン生活にしてみましょう。

MENU
Copyright(C)しじみに含まれる有効成分