疲労回復

オルニチン摂取を行う事でしじみ習慣

オルニチンを摂取すると、肝臓の調子を整えてくれたり代謝を促進してくれて老廃物を外にしっかり出してくれるといういい効果がありますが、実際に何から摂取できるのでしょうか。
それは「しじみ」です。
しじみは湖に海水が少し混ざる程度の淡水でとれるもので、日本では主に島根県松江市の宍道湖でとれる貝類です。

実際、シジミにはオルニチンが一番含まれており、同じ魚介類のマグロやヒラメなどよりも10倍近く含有量が多いです。
他にもパンやチーズ等にも含まれているのですが、やはり栄養的にもシジミが一番だと言われています。
肝機能改善に他にも有効な成分が多くあり、「タンパク」「タウリン」「アラニン」などを均等にしっかり含んでいるものはやはり「しじみ」なので、定期的に摂取するといいでしょう。
お酒を飲んだ後にしじみのみそ汁を飲むといいと言われていますが、その理由もしっかり肝機能を高めて、アルコールの吸収などを助けることによって老廃物が体内にたまらないようにするという役割があるからです。
二日酔いは、そもそもアルコールが分解された後、アセトアルデヒドが体内に残ることで起こってしまうものなのです。
オルニチンには、このアセトアルデヒドの解毒作用があるので、飲酒後もぜひ摂取してください。

それでは、しじみを1から調理して摂取するのは面倒だし大変…という方も多いはずです。
最近はよくスーパーマーケットでも「1杯でしじみ70個分とれる」とうたっているものもあるので、買って摂取することによって効果があります。
他にもダイエットサプリメントとして、オルニチンが30日分とれるというものがあります。
これは主に代謝を助けていくことによって無駄な脂肪を消費していくという効果がありますが、もちろん肝機能をよくするという効果も期待できるので、時間がない方は購入して摂取するといいでしょう。

しじみを毎日摂取して、しじみ習慣を始めることで体の調子もだんだんよくなり、代謝によって肌質もよくなります。
ぜひ、試してみてください。

MENU
Copyright(C)しじみに含まれる有効成分