疲労回復

オルニチンを摂取方法で分析

オルニチンは1日にだいたいどんなにとっても1g程度とるのがいいと言われています。
1gというのは1円くらいの重さですが、具体的に言うとオルニチンを摂取するためのサプリメントの規定量をしっかりとれば、何も副作用は起きません。
食べ物からとる場合は、基本的にオルニチンを食品からとろうとしても多量の成分は吸収されません。

しかし、オルニチンをしじみなどの食品から摂取する場合には次の注意が必要です。
オルニチンはアミノ酸であり、アミノ酸はタンパク質が分解され、合成されてできるものです。
よってタンパクを含む卵や肉、魚などをとりすぎるのはカロリーオーバーになる可能性もあるので注意が必要です。
シジミ等が一番オルニチンを含んでいるので、みそ汁に入れて食べれば健康的でカロリーも保たれます。

また、チーズなども基本的にオルニチンが多く含まれているので、メイン料理でもとることができますが、あまりメイン料理で摂取するようなことは控えた方がいいでしょう。
しっかりカロリーを計算して、生活習慣病にならないように心がけましょう。
手っ取り早いのはサプリメントで摂取することなので、ぜひ手軽にとりたい!という方は試してみることをおすすめします。

オルニチンを摂取する際の、効率的な摂取方法は朝や夜(特に寝る前など)に摂取することです。
比較的成長ホルモンが多く分泌されるときに、しっかり体の代謝が行われます。
その代謝が行われないとどうしても老廃物が蓄積する原因となってしまいます。
よって、代謝がよく行われるときにより効果的に脂肪の燃焼などを行った方がいいのです。
よって夜寝る前にしっかりサプリメント、もしくは夕食でしっかりオルニチンを摂取することで、効率的に体の調子がよくなっていきます。

また、朝にしっかり摂取して日中しっかり運動する!という方はより代謝量が期待できますので、朝にとることも可能です。
ご自分の目標や目的に合わせて朝か夜に摂取していくとより効果を発揮します。

MENU
Copyright(C)しじみに含まれる有効成分