疲労回復

オルニチンとアルギニン

「アルギニン」と聞いてあまりピンと来ない…という方いらっしゃると思います。
「アルギニン」とは、私たちの身の回りに存在しているアミノ酸のことです。
また、タンパク質の最小単位であるとも言われています。
私たちの体を構成しているアミノ酸でもあり、子どものときに体内で合成するのは不可能なものとして知られているため、必須アミノ酸として登録されています。

アルギニンは、実際どのような効果があるのでしょうか。
まず、私たちが成長するためには必然的に成長ホルモンが必要になってきます。
その際、成長ホルモンを生成したらしっかり合成しなければ、肉体的にも強くなっていきません。
そのホルモン合成を促進するのがアルギニンなのです。

また、メタボリックシンドロームの改善や、血管の老化防止、コラーゲンの生成などにも効果があり、万能なアミノ酸として知られています。
摂取するときは、基本的にタンパク質に主に含まれていることが多いので、肉や牛乳などを過剰摂取してしまうと、逆にカロリーオーバーになりやすいので注意が必要です。
そんなときはサプリメントをうまく使いましょう。

「オルニチン」はアルギニンから生成されたアミノ酸の分解系です。
オルニチンが生成されるとそこでアンモニアを尿素に分解します。
すると、体内に毒素がたまらなくなるのでオルニチンはとても重要な役割を果たしていると言えます。
その際、腸管をしっかり保護してくれるので分解する際に無駄な負担をかけることなく、しっかり吸収を促進してくれます。

また、オルニチンは疲労回復や二日酔いの症状を改善させたり、傷の治りを速くするという効果があります。
オルニチンが不足すると、アンモニアが体内に蓄積してしまい、中毒症状を起こしてしまう場合もあるので注意が必要です。
この2つのアミノ酸に共通するのは代謝量をしっかり促進していく効果があること。
吸収の効果があれば、アルギニンからオルニチンに分解もできるので、この2つの成分はかなりつながりが強くなっていると言えるでしょう。

MENU
Copyright(C)しじみに含まれる有効成分